聞く女性

日々の生活の中で「お聞き及び」という言葉を見聞きしたり、使ったりしますか?

「お聞き及び」という言葉を聞いてどのような場面で使うのか、そしてどのような意味合いのある言葉なのか気になると思います。

そんな本日は「お聞き及び」の意味と使い方、そして敬語や類語、例文について詳しく解説したいと思います。

スポンサーリンク

「お聞き及び」の意味と使い方は?

まず最初に「お聞き及び」の意味と正しい使い方について見ていきましょう。

「お聞き及び」という語句は、「聞く」と「及ぶ」という動詞を連結して名詞化した形の表現で、さらに丁寧の接頭語「お」を冠しています。

すなわち「聞き及び」を丁寧に述べた言葉だといえます。

「聞き及び」の「聞く」とは、「自然に音や言葉が耳に入る」さまを示します。

自ら能動的に耳に入れようと努める場合は「聴く」を用いるのが一般的です。

「聞」という漢字は会意文字、また形声文字でもあります。

「耳」と「門がまえ」から成り立っています。

「耳」はまさに音を聞く器官である耳の形から来ており、「きく」意味を示します。

「門」は「両開きの扉」の形を表しており、このことから「聞」は「ある場所をたずねてきく」ことを、元来意味する字とされます。

また「及ぶ」の「及」という漢字は会意文字です。

「人」と「又」という字から成り立っています。

これは「人」の形と「手」の形を表し、「人に手が触れて追いつくさま」という意味から、「およぶ」や「追いつく」を意味するようになったとされます。

「聞き及ぶ」の場合は「及」は「物事が続いたり広がったりして、ある所・範囲に届く、達する」意味合いを示すようです。

このように、「聞き及ぶ」とは、「人づてに聞いて知っている」、「前々から聞いている」、「すでに聞いている」といった意味を示す語句です。

ただ単に「耳にした」というよりも、「かなり以前から見知っている」という状態を示します。

「お聞き及び」の形では、一般には「お聞き及びになる」など、補語をおぎなって使うことが多いといえます。

相手に対して丁寧に、「既にご存じのことでしょうが」と、話の前振りとして提示する際の言い方です。

「お聞き及び」に類した語句では「伝え聞く」「漏れ聞く」という言い方があります。

これらの違いについて示すと、まず「伝え聞く」は、「うわさや人から聞いて知る」という意味です。

「漏れ聞く」は、「どこからか人づてに聞く」とか「たまたま耳にする」といった意味合いです。

スポンサーリンク

「洩れ聞く」とも書きます。

これらに対して、「お聞き及び」は、人からすでに聞いて知っている場合のことを、相手を敬って表現する言い方だといえます。

「お聞き及び」を敬語にすると?

勉強する

次に「お聞き及び」を敬語にするとどうなのでしょうか。

この「お聞き及び」は、それ自体で敬語の表現になっていますので、次項の例文のように、ビジネスシーンや公の場所などでそのまま使用することができます。

類似の敬語表現では、「既にご案内の通り」、「お聞きになられているとは存じますが」、「既にご承知とは存じますが」などとなるでしょう。

なお「お聞き及び」はこのように相手に対する敬語表現ですから、自分や自分の側に関しては原則として用いません。

ビジネスの場で何かの事案が話題となり、既に知っていることを伝える際に「その件は聞き及んでおります」、「先生のご高名はかねがね聞き及んでおります」などと言うこともできますが、なるべく「拝聴しております」、「うかがっております」などと、へりくだった表現に言い換えることが適切といえるでしょう。
   

「お聞き及び」の類語と例文は?

最後に「お聞き及び」の類語と例文をご紹介したいと思います。

「お聞き及び」の類語には次のようなものがあります。

 
◆類語

  • 漏れ聞く
  • ご側聞
  • ご存じ
  • ご案内
  • ご周知
  • 小耳に挟む
  • 聞き知る
  • ご伝聞
  • お耳に達する
  • お人づてに
  • もれ聞く
  • 風の便りで

 

などがあります。

 

「お聞き及び」の例文としては次のようなものが挙げられます。

 
◆例文

  • 既に皆様お聞き及びの通り、弊社経営体制が6月に刷新されることとなりました。
  • 既にお聞き及びかもしれませんが、私、このほど異動することになりました。

 

「お聞き及び」の類語と例文をまとめてご紹介しました。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

「お聞き及び」意味と使い方、そして敬語、類語と例文について詳しくご紹介しました。

おさらいをすると「お聞き及び」は”すでに聞いて知っている状態のこと”を指し、相手のことを敬って表現する言葉になります。

改めて言葉の意味や使い方を調べると本当に奥が深いんだなと思いました。

スポンサーリンク

関連記事