飛行機

台風が来た時に電車や新幹線、飛行機などが「運休」「欠航」する場合は多々ありますよね。

そこでふと「運休」「欠航」「欠便」の意味の違いや使い分けはどうしたらいいんだろう…と考えたことありませんか?状況によって「運休」や「欠航」、「欠便」を使い分けるのか悩んでしまうと思います。

そんな本日は「運休」「欠航」「欠便」の違いと意味、使い方、例文を詳しく解説したいと思います。

スポンサーリンク

「運休」「欠航」「欠便」の違いは?

まず最初に「運休」「欠航」「欠便」の違いについて見ていきましょう。

「運休」、「欠航」、「欠便」は、いずれも交通機関を利用したり、旅行や出張をする際にはよく耳目にする名詞ですね。

どれも似たような使われ方をするようですが、どのような意味の違いがあるのでしょうか。

まず「運休」とは、本来は「運転休止」、「運行休止」「運航休止」の最初の字をとった略語です。

恐らくは交通機関側が業務用語として用いる中で、略されて定着したものだと思われます。

これはすなわち、交通機関が乗り物の運転や操業を休止するということです。

交通機関が乗り物を動かし運営することを示す言葉には、通常「運行」と「運航」という二種類がみられます。

どちらも意味合いとしては、業務として乗り物を動かすということですが、「運行」は主として電車やバスについて、「運航」は船や飛行機について使われます。

この違いは「航」という漢字にあるようです。

「航」は日本では古くは「かわら」とも読まれ、和船の船首から船尾までを通した厚い船底材のことを示しました。

西洋の船では竜骨に当たります。

このことから「航」は元来は「渡し船」のことを表し、そこから「あちこちへ渡る」こと、そして現代では「水や海、大空を渡り、あちらこちらと飛び回る」ことを意味する字になったと考えられます。

このため「航」は「航海」、「航空」というように、主として船や飛行機の動きについて表現する文字となったわけです。

そして船や飛行機を運営することを「運航」と呼び、一方で一般名詞でもある「運行」は電車、自動車といった陸上輸送についての表現になりました。

「欠航」も「航」という字が使われていることから、「定期的に発着している船や飛行機が運航を取りやめること」との意味になります。

また「欠便」もほぼ「欠航」と用例は似ているようです。

「便」とはこの場合は「荷物や通信物を運ぶこと」、「交通や輸送の手段」といった意味合いですが、一般には「航空便」、「定期便」など船や飛行機輸送について使われます。

スポンサーリンク

「運休・欠航・欠便」の意味と使い方は?

空港にたたずむ男性

次に「運休・欠航・欠便」の意味と正しい使い方を見ていきましょう。

「運休」、「欠航」、「欠便」は本来は前述のように交通機関の「業界用語」ですので、利用者であるわれわれ「お客」の方から使うことはあまりありません。

主には駅や旅客ターミナル、空港などで、そうした言葉の表示やアナウンスに触れることが多いと思います。

交通機関側としては、これらには若干の定義の違い、使い分けがあるようです。

「運休」とは、交通機関側が何らかの目的で計画的に、これまで運行・運航していた便や路線を休止することを指すようです。

これはすべての交通機関で用いられる言葉です。

一方「欠航」は、急きょ浮上した、外的なやむを得ない事情から、臨時に船や飛行機の定期運航を中止することを意味するとみられます。

「欠航」は前述の理由から船、航空機だけで使用されます。

「欠便」も「欠航」と使い方は近いようですが、会社側の事前の意図的な運休でも使われる場合があるようですので、若干「運休」にイメージは近いかもしれません。

もちろんこれらは、鉄道や海運、航空会社によっても定義づけが異なるかもしれませんが、利用者の受け止めとしては、基本的にはこうしたニュアンスがあるといえるでしょう。

「運休」「欠航」「欠便」の例文を教えて?

最後に「運休・欠航・欠便」の例文をご紹介したいと思います。

「運休」、「欠航」、「欠便」の例文としては、次のようなものが挙げられます。

 
◆例文

  • 明日は大雪予報となっており、安全運行のため、通常より列車本数を3割程度運休いたします。
  • 線路補修工事のため、○○線は明日から三日間、終日運休いたします。
  • 台風接近のため、沖縄行きの飛行機がけさから全便欠航になってしまった。
  • 乗る予定の飛行機が機材整備のため急に欠航になり、大遅刻だよ。
  • 海がかなりしけているから、恐らく連絡船は欠便になるだろうね。

 

「運休・欠航・欠便」の例文をまとめてご紹介しました。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

「運休・欠航・欠便」違いと意味、そして正しい使い方と例文について詳しくご紹介しました。

おさらいをするとまず「運休・欠航・欠便」という表現方法は交通機関を利用する人達が利用する言葉ではなく鉄道関係者や空港関係者の人達が公式サイトや現場でアナウンスをする時に使う言葉です。

電車や新幹線は主に「運休」を使い、船や飛行機に「欠航」「欠便」が使われると覚えておくと良いでしょう。

スポンサーリンク

関連記事