子猫

はっきりしない状態を表す言葉として、「曖昧・あやふや・うやむや・おぼろげ」など様々な言い方がありますよね。

それぞれの言葉は微妙なニュアンスの違いがありますので、しっかりと違いを理解して使い分けたいものです。
これらの言葉の使い分けが「曖昧」になっていてはさらなる混乱を招いてしまうかもしれません。

そこで、この記事では「曖昧・あやふや・うやむや・おぼろげ」の違いと使い分け、そして例文を詳しくご紹介します。

スポンサーリンク

「曖昧・あやふや・うやむや・おぼろげ」の意味と使い分けは?

まず始めに「曖昧・あやふや・うやむや・おぼろげ」の意味と正しい使い分けを見ていきましょう。

「曖昧・あやふや・うやむや・おぼろげ」という四つの言葉は、いずれも名詞として使われます。
また、「曖昧な」など、「な」をつけて形容動詞としても使われます。

「曖昧」の意味

まず「曖昧」は、この四語の中では最も一般的な場面で使われる言葉です。
また、漢字で表記しますので、ビジネスの場面で使うことも多いと思います。

一般的にはっきりしない状況を「曖昧な」と表現することの他に、ずるさやごまかしを含んでいる場合にも使うことがあります。
わざと分かりにくく遠回しな表現をする場合などに、「曖昧」を用いることが多いです。

「あやふや」の意味

次の「あやふや」は、「曖昧」とは少し違ったニュアンスがあります。

「あやふや」は、ずるさやごまかしと言うよりも、その人自信がはっきりわきまえていないため確かな表現ができない場合に使うことが多く、頼りない感じを含みます。

「うやむや」の意味

次の「うやむや」は、「曖昧」と意味が似ています。

ただ、「うやむや」は、「曖昧」よりも更にごまかしの意味合いが強く、意図的にはっきりさせないような場合に使うことが多い言葉です。都合が悪いことをわざとわからないように表現する場合にこの言葉を使うことが多いです。

スポンサーリンク

「おぼろげ」の意味

次の「おぼろげ」は、少々古風な響きがある言葉です。

「おぼろげ」は、意図的にごまかしているのではなく、記憶がはっきりしない場合などに使うことが多い言葉です。「漠然」という言葉が近い意味となりますが、こちらは漢語なのでよりかたい感じがあります。日常の会話では「おぼろげ」をよく使うのではないでしょうか。

このように、同じようにはっきりしない状態を表す言葉でも、それぞれ意味に違いがあります。
正しく理解して使い分けましょう。

「曖昧・あやふや・うやむや・おぼろげ」の例文は?

悩む女性

次に「曖昧・あやふや・うやむや・おぼろげ」の例文をご紹介します。

「曖昧」の例文

「曖昧」の例文を以下に挙げます。

  • 曖昧な表現でごまかす。
  • 曖昧模糊(あいまいもこ)。

「あやふや」の例文

「あやふや」の例文を以下に挙げます。

  • 彼は言うことがどうもあやふやで頼りない。
  • 知識があやふやだ。

「うやむや」の例文

「うやむや」の例文を以下に挙げます。

  • 責任の所在をうやむやにする。
  • 事件がうやむやに終わる。

「おぼろげ」の例文

「おぼろげ」の例文を以下に挙げます。

  • おぼろげな記憶をたどる。
  • 人影がおぼろげに見える。

「曖昧・あやふや・うやむや・おぼろげ」の例文をまとめてご紹介しました。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

「曖昧・あやふや・うやむや・おぼろげ」の違いと使い分け、そして例文を詳しくご紹介しました。

ただでさえ「はっきりしない状態」であるわけですから、その状況を正しく表現することは重要です。

特にビジネスの場面や問題に直面している状況では、これらの使い分けが大変重要になってきますので、それぞれの意味の違いを正しく理解して、相手に誤解を与えないように使い分けましょう!

あなたにオススメの関連記事