仕事が忙しい

みなさんは普段、「多忙を極める」という言葉をよく使いますか?

「多忙」という言葉はいろんな場面で使いますが、それに「極める」が付くとどんな意味合いを持つ言葉になるのでしょうか。そして使う場面も気になって来ますよね。

そんな本日は「多忙を極める」の意味と使い方、そして敬語や類語、例文を詳しくご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

「多忙を極める」の意味は?

まず始めに「多忙を極める」の意味を見ていきましょう。

「多忙を極める」という語句は、「多忙」(たぼう)という名詞と「極める」(きわめる)という動詞から成り立っています。

「多忙」とは「非常に忙しいこと」を示すものです。

「多」という漢字は「タ」という字が二つ重なっていますが、これは元来は「切った肉」あるいは「半月」の形を表したとされます。

それぞれ二つあることで「多い」様子を示しました。

「忙」はりっしんべんに「亡」というつくりで成り立っています。

りっしんべんは「人の心」のことを表します。

「亡」はそもそもは「人の遺体に何かのものを添えた形」を示しているとされます。

そこから「人がなくなる」や「物がない」ことを意味したようです。

「忙」は「心がない」、すなわち落ち着いた状態でいられないことを示し、転じて「忙しい」という意味で用いられるようになったとされます。

そして「極める」とは、古語では「きわむ、きはむ」と表しました。

「極」という字は左は木ヘン、右側は「上下の枠と、口、人、手の象形」を示しているとされます。

木ヘンは木や材木を示し、つくりの部分はもともと「口や手を用いて相手を問い詰める」といった意味だったようです。

このことから「極」は二つの屋根が接する「棟」や「際(きわ)」を示しました。

これが転じて「極」は「ギリギリに達する」、「最終点に至る」、「物事の終わりや根源」といった意味を表しました。

古語の「きわむ」は「極限に達する」、「終わらせる」、「尽くす」といった意味合いですが、現代の「極める」も「これより先はない地点に至る」、「この上もない程度になる」、「尽くす」などほぼ古語と同じ用いられ方になっています。

このように「多忙を極める」とは、「この上もないほど、非常に忙しい」という状況を表す言い方だといえます。
 

「多忙を極める」の使い方は?

次に「多忙を極める」の正しい使い方を見ていきましょう。

「多忙を極める」という語句は、ただ単に忙しいというだけでなく、「忙しさの極限状態」、「ギリギリでどうしようもないほど忙しい」といった切迫した印象を表すといえます。

日常の会話や文書のやり取り、ビジネスシーンなどでもよく使われる言い方ですが、自分の側について「最近は多忙を極めてまして」と表したり、また相手について「ご多忙を極めておられるようで」と気遣う言い方としても用いることができます。

多忙と多用の違いと使い分け

なお「多忙」の類似表現に「多用」(たよう)という言葉があります。

どちらも「多忙を極める」、「多用を極める」と使うことができます。

この使い分けは、主には結婚などの慶事で重視されます。

「忙」という字は前述のように「死」「なくなる」と関連した語源であり、慶事では「忌み言葉」としてタブーとされます。

このため慶事では「ご多用のところ」、「ご多用とは存じますが」などと言い換えるのが一般的です。

また「極める」の類似表現に「窮める」という言葉があります。

これはどちらも「極限まで行き着く」といった意味合いでは共通しており、どちらも同じように用いることができます。

「多忙を極める」の敬語・類語・例文は?

手から光が出てる

最後に「多忙を極める」の敬語と類語、例文をご紹介します。

敬語

「多忙を極める」の敬語表現は下記になります。

  • ご多忙を極めておられる
  • ご多忙を極めていらっしゃる

類語

「多忙を極める」の類語としては、次のようなものが挙げられます。

  • とてもバタバタしている
  • 非常に慌ただしい
  • 猫の手も借りたいほど
  • 仕事が山積している
  • ゴタゴタしている
  • 忙殺される
  • 仕事に追われている
  • 忙しさで目が回る

といった用例があります。

例文

「多忙を極める」の例文としては、次のようなものが挙げられます。

  • 彼女は芸能活動が多忙を極める中でも、きちんと学校にも通っていて立派だ。
  • 会社を立ち上げたころはいつまで続くかと不安でしたが、お陰様で今では多忙を極めております。
  • 先生が多忙を極めておられるのは重々承知しておりますが、何とぞ今回だけは是非にお出でいただけないでしょうか。

「多忙を極める」の敬語、類語、例文をまとめてご紹介しました。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

「多忙を極める」の意味と正しい使い方、そして敬語や類語、例文を詳しくご紹介しました。

おさらいをすると「多忙を極める」の意味は忙しすぎて切羽詰まる状態のこと、忙しい状態が極限に達することを指します。

そして、「多忙を極める」と「多用を極める」は表現方法が似ていますが、使う場面が違うので注意しましょう。

スポンサーリンク

関連記事