結婚式

結婚式・披露宴をビシっと締めくくるのに必要なのは新郎の謝辞です。

参列してくださった方達に感謝の気持ちをしっかりと伝えなければいけません。そして両家のご両親、そして花嫁にも「ありがとう」という気持ちを心の底から伝えたいものです。でも新郎の謝辞ってどんな文章を書けばいいのだろうと悩んでしまうと思います。

そこで結婚式・披露宴ですぐに使える新郎の謝辞の例文を詳しくご紹介したいと思います。ご両親への感謝がしっかり伝わる感動的な文例なので是非、参考にしてください。

スポンサーリンク

新郎の謝辞の目安時間は何分?

まず始めに新郎の謝辞の目安時間は大体何分くらいなのでしょうか。

結婚式の披露宴では、さまざまな来賓、友人らからスピーチをいただくのが通例です。

そして宴席の締めくくりであり、「クライマックス」の一つともいえるのが「新郎の謝辞」です。

これは今日一日、時間を割いて自分たちの披露宴に出席し心からの祝福をしてもらったゲストや親族に対し、「主催者」として感謝を述べるものです。

かつて結婚が家と家同士の結びつきととらえられた頃は、両家の父親が謝辞、挨拶などを主導して行われていましたが、現在では新郎新婦が【主人公】であり、挨拶も本人たちが行う例が増えています。

新郎の謝辞は、今後新しい一家の大黒柱となる新郎の「見せ場」でもありますが、あまり意気込みすぎることなく、自然体でその日感じたことなどを率直に語り、列席者への感謝と今後の抱負などを自分の言葉で話すのが、好印象を与える「よいスピーチ」といえるのではないでしょうか。

大規模な結婚披露宴は3時間超にも及びます。

終盤には列席者も満腹でお酒も回り、やや疲れも出る頃でもあります。

そうした中でマイクを握る新郎としては、言葉に耳を傾けてもらうためにも、また列席者への気遣いとしても、謝辞は長すぎず端的で聞き取りやすい内容であることが望ましいといえます。

一般的には文字数で1000文字以内、時間にすると3分程度が適切でしょう。

新郎の謝辞の締めくくりは?

次に新郎の謝辞の締めくくりはどのような文章がいいのでしょうか。

新郎の謝辞の構成は、下記を参考にしてください。

  1. 前文・列席者への感謝
  2. 本題・この日感じたことや今後の抱負
  3. 結び・今後のお願いと締めくくりの言葉

といった形が一般的です。

アナウンサー、芸能関係など大勢の人を前に話すことを職業としている方は別として、一般の人の場合スピーチというのは慣れないものであり、緊張もします。

新郎謝辞もあらかじめ原稿に書いておき、場合によっては手元のメモを見ながら行う形でも構いません。

大事なのは「皆様に感謝する」というまごころが伝わることに尽きます。

披露宴の規模や出席者にもよりますが、あまりかしこまり過ぎず、自然な言葉をつなげられれば十分。

途中、ややくだけた話しぶりになったり、例え感極まって「男泣き」してしまっても、むしろ人間味があって良いかもしれません。

スポンサーリンク

ただ締めくくりの「結語」は、お礼とともに、今後の自分たち二人への支援を依頼するオーソドックスな内容が適切です。

その際はつい使いがちな「最後になりますが」や「重ね重ねお礼を」といった忌み言葉には気をつけ、「結びとなりましたが」「厚くお礼申し上げます」などと言うように気をつけます。

両親へ感謝が伝わる感動的な文例・例文は?

結婚式

最後に両親へ感謝の気持ちが伝わる感動的な文例・例文をご紹介します。

新郎の謝辞は前述したようにゲストや親族ら、列席者全員に心からの感謝を述べるものです。

しかしやはりメインとなるのは、両親への感謝ではないでしょうか。

結婚というのはある意味、この世に生をもたらし、多くの場合30年近くも育て見守り続けてくれた両親の元を離れ、独立した家庭として二人が新たな人生に旅立つ瞬間でもあります。

両親としても「よくぞここまで育ってくれた」と感慨深さもあるでしょう。

新郎謝辞では是非両親への熱い思いを言葉にして伝えることが、列席者にも感動を呼ぶといえるのではないでしょうか。

これまでの披露宴で、感動的だったとの声がある文例をご紹介しましょう。

文例・例文

本日は私たちのためにお集まりくださいまして、皆様本当にありがとうございました。(中略)
実は今日の結婚式の数日前、○○子(新婦)さんには内緒で、と念を押されてお父様からメールをいただきました。そこにはこう書かれていました。「○○子は、30過ぎて一緒になった僕ら夫婦二人に、初めて授かった子でした。自分たちなりに一生懸命育ててきました。我ながらよくぞ立派になってくれたと思います。我が儘な娘ではありますが、○○君(新郎)、これからはどうかよろしく」。

この言葉を拝見したとき思わず涙があふれました。
そして何があっても○○子さんを一生涯、全身全霊で守っていこうと心に誓いました。素敵な妻を授けてくれた素晴らしいご両親に本当に感謝したいと思います。今の気持ちを一言いわせていただければ、「結婚って、いいですね」です。

未熟な二人ではありますが、今後も皆様にご指導をいただきながら・・・(結語につなぐ)。本日は誠にありがとうございました。

 

以上、新郎の謝辞の文例・例文をご紹介しました。

上記文例は中略してあるので1000文字に至りませんが、その他にも自分達なりのエピソードを織り交ぜながら感謝の気持ちを伝えると良いですね。

新郎の謝辞を書く際に参考にして頂けたらと思います。

まとめ

いかがでしたでしょうか、新郎の謝辞の例文をご紹介しました。

ご両親への感謝が伝わる感動的な文例というのはなかなか難しいですが、新郎新婦が出会った経緯やふたりだけの感動的なエピソードなどなにかしら文章にしたためることがあると思います。

そしてここまで大事に育ててくれたご両親、そして結婚をしてくれた花嫁に「ありがとう」の気持ちを伝えるための謝辞なのでゆっくりとはっきり読むようにしましょう。

参列してくれた方達にも感謝の気持ちを伝えるようにしましょうね!

スポンサーリンク

関連記事