誠実な男性

日々の生活の中で「誠実(せいじつ)」という言葉をよく見聞きしたり、使ったりすると思います。

例えば「あの人は誠実な男性だ。」とか「誠実な人だよね。」などと使ったりしますよね。

そんな本日は「誠実」の意味と正しい使い方、そして類語や対義語、例文を詳しく解説したいと思います。

スポンサーリンク

「誠実」の意味とは?

まず最初に「誠実」の意味を見ていきましょう。

「誠実」(せいじつ)という言葉は、それ自体は名詞ですが、通常は「誠実な」や「誠実だ」と形容動詞的に使用します。

「誠実」の「誠」は会意、及び形声文字で、ごんべんの「言」と「成」からなっています。

ごんべんは「つつしんで言う」との意味を表し、「成」は「斧と上から見た釘の形」を示すとされます。

「斧で敵を平定することを告げる」といった意味から、「安定する」、「安心できる言葉」を示し、転じて「誠」はうそのない「真実」の意味になったようです。

また「実」は会意文字です。

「実」の元の字は「實」で、うかんむり「宀」と「貫」からなっています。

うかんむりは「屋根・家屋」を示し、「貫」は「方形の箱に彫刻がいちめんに施された形」とされます。

これは「貨物や財貨がゆきわたる」といった意味とされます。

家の中に財貨がゆきわたることから、「実」はという字は「満たす」、「実る」、「真実」といった意味となりました。

こうした字の成り立ちから、「誠実」「まじめで嘘をついたりしない性格」「真心をもって相手のことを考えながら行動する態度」を表します。

言い換えれば「私利私欲をまじえず、忠心から人や物事に対すること」であり、そうした人の態度や姿勢も指し示す言い方だといえます。
 

「誠実」の正しい使い方は?

言葉の勉強

次に「誠実」の正しい使い方を見ていきましょう。

「誠実」という言葉は、一般には自分や他の人物の人柄や性質についての評価を表す際に使われます。

「彼は誠実な人だ」「常に誠実に取り組むことをモットーにしています」といった用例です。

「誠実な人や人柄」とは、いわば「嘘をついたりごまかしたりせず、何事も真剣に対応する人や、その姿勢」ということになるでしょう。

スポンサーリンク

そうした「誠実」と似た言い方に「真摯」「忠実」があります。

意味合いも近いものですが、微妙なニュアンスの違いがありますので、公の場やビジネスシーンなどで使う場合には、それぞれの言葉の意味を正しくとらえ、使い分けることが大事だといえます。

「真摯(しんし)」とは、「まじめで一生懸命なさま」という意味であり、一見「誠実」と同じように感じられます。

ただし「誠実」が他者や自分の人柄などの評価に用いられるのに対し、「真摯」は「彼は真摯な人柄だ」などとは通常言いません。

「真摯」は「真摯に受け止める」など、「ある人の態度」や、「ある出来事にに対しての行動の様子」を表す言い方だといえるでしょう。

その意味では「誠実」の方が適用の幅が広いと言えるかもしれません。

また「忠実」は「言いつけどおりまじめにつとめるさま」を示します。

ここには「誠実」のように「まごころを尽くして物事に取り組む」というニュアンスは、あまり含まれません。

「忠実」は仕事や規則、手本など守るべき対象に寸分たがわず従う、というイメージです。

一方で「誠実」には、何か従う規範があるというよりも、それぞれの人が自分なりに「正しい」と信じる行動をひたむきに進めるという印象です。

例示すれば「これは原作に忠実な翻訳だ」といった使い方であり、「原作に誠実」とは言わないという違いがあります。

「誠実」の類語や対義語・例文を教えて?

最後に「誠実」の類語と対義語、例文をご紹介したいと思います。

「誠実」の類語には次のようなものがあります。

 
◆類語

  • 質実
  • 実直
  • 至誠
  • 信実
  • 篤実
  • 篤厚
  • 律儀
  • まじめ
  • 謹厳
  • 謹直
  • 几帳面

 

などがあります。

なお「至誠」や「篤実」は「誠実」に近い意味合いですが、どちらも文章語だといえます。

「誠実」の対義語としては、「不誠実」や「不実」となります。

 

「誠実」の例文としては、次のようなものが挙げられます。

 
◆例文

  • 彼は誠実な人で、会社内でも人望があります。
  • 先輩のいつも誠実な仕事への取り組み方が、私にとっては見本になっています。
  • 彼女の好きなところは、いつも誠実に接してくれるところです。
  • 彼は誠実な人柄なので、信用して間違いないでしょう。

 

「誠実」の類語と対義語、例文をまとめてご紹介しました。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

「誠実」意味と正しい使い方、類語や対義語、例文について詳しくご紹介しました。

おさらいをすると誠実の意味合いは「嘘をつかず真面目に取り組む性格」や「相手のことを思いやり、真心を持って行動する様子」となります。

類語や対義語も合わせて覚えておくと良いでしょう!

スポンサーリンク

関連記事