光り輝く明日

普段、いろんな場面で使う「明日」という言葉。

手紙やメール・ラインで使ったり、日常会話の中でも当たり前のように使う言葉です。ですが「明日」という言葉ひとつで「あす」「あした」「みょうにち」と表現する場合があります。ひとつの漢字で読み方が3通りもあるなんて難しいですよね。

そこで「明日(あす・あした・明日)」の違いと使い分け方を詳しく解説したいと思います。

スポンサーリンク

「明日(あす・あした・みょうにち)」の違いは?

まず最初に「明日(あす・あした・みょうにち)」の違いを見ていきましょう。

一つの漢字や熟語の読み方が幾通りもあるのは、日本語の一つの特徴です。

大きくは「音読み」「訓読み」の二通りがあります。

音読みは漢字が伝来した中国での読み方を日本風にまねたもので、伝来の時代によって「漢音」、「呉音」、「唐音」といった種類があります。

訓読みは古来の和語の意味合いと似た漢字に、そのまま和語を当てはめたものです。

意味合いが近い言葉も同じ漢字に当てることがあり、そうなると同じ漢字でも三通りも四通りも読み方があることになります。

同音異義語の多さと並び、こうした特徴は外国人が日本語を学習する際の「ハードル」の一つといえるかもしれません。

「明日」という漢字も読み方が多い言葉の一つです。

代表的なものでは「あす」、「あした」、「みょうにち」が挙げられます。

「あす」とは「夜を明かす」の「明かす」の略とも、「あさ」が転じたものともいわれます。

もともとは、次にご説明する「あした」と同じ語系と考えられ、「あした」があらたまった言い方といえます。

また「あす」は、「きょうの次の日」という意味だけでなく、「近い将来」を示すこともあります。 

「あした」古くから日本語にある表現です。

語源は夜が明けるの「あけ」に、奈良時代の東国方言で「時」を意味する「しだ」をつけた「あけしだ(明時)」が転じたともいわれます。

古語の「あした」は漢字では「朝」で、文字通り英語の「morning」の「朝」、「明け方」を意味しました。

また「翌朝」、「明くる朝」との意味もあったようです。

有名な徒然草の一節に「雪のおもしろう降りたりしあした」(雪が趣深く降り積もっていた朝)、「野分のあしたこそをかしけれ」(台風が去った翌朝の様子は興味深い)などと用例がみえます。

本来「あした」は「夕べ(日暮れ)」と対になる言葉だったわけですが、次第に「夕べの次の朝」を示すようになり、さらに翌日そのものを意味するように転じたとされます。

そして「みょうにち」は、「明日」をそのまま音読みで読み下したものです。

もっとも堅い言い方であり、主には文章の中で、書き言葉として用いられます。

スポンサーリンク

ちなみに「あさって」という、明日の次の日を示す言葉は、古くは「あさて」と言われていたそうです。

「明日が去って次の日」という意味の「明日去りて」が「あすさて」と変化し、「あさて」、さらに室町時代のころに「あさって」と転じたとされます。

「明日(あす・あした・みょうにち)」の使い分けは?

四つ葉のクローバー

次に「明日(あす・あした・みょうにち)」の使い分け方を見ていきましょう。

「明日(あす・あした・みょうにち)」の三つの読み方のうち、最も日常的に広く使われているのは「あした」でしょう。

特に話し言葉、日常の会話の中では「あした」が主流だといえます。

発音上も「あした」は聞き取りやすいこともあり、「あす」よりも一般的に使用される言い方となっています。

「あす」は「あした」よりややあらたまった言い方であり、書き言葉やフォーマルな場面などで主として用いられます。

常用漢字の付表にある「明日」の読み方は「あす」となっています。

前述のように「あす」という読み方の場合は、「少し先の将来」といった意味合いを示す場合もあります。

さらにあらたまった言い方が「みょうにち」であり、やや古風な堅い読み方でもあります。

公の式典、儀礼的なイベントなどで、会場に向けて言葉を述べるときなどに用いる言い方だといえるでしょう。

「みょうにち」をあいさつなどで使う場合は、対応する言葉としての「昨日」は通常「さくじつ」と読みます。「きのう」が「あした」に対応する日常的な読み方となります。
  

「明日(あす・あした・みょうにち)」の例文を教えて?

最後に「明日(あす・あした・みょうにち)」の例文をご紹介します。

例文

「明日(あす・あした・みょうにち)」の例文としては次のようなものが挙げられます。

 

  • あすは南風が強く晴天が広がるでしょう。あす、あさってと熱中症にご注意ください。
  • あすは我が身だ。
  • あすの日本を担うのは君たち若者だ。
  • あしたはあしたの風が吹く、ということだよ。
  • あしたの二時ごろって、空いてる?
  • あしたやろう、あしたでいいや、ではなく、今すぐ始めなさい。
  • みょうにちのご予定はいかがでしょうか。
  • 従前ご案内の通り、みょうにち午前九時より式典を挙行いたしますので、ご参集方何とぞよろしくお願い申し上げます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

「明日(あす・あした・みょうにち)」の違いと使い分け方をまとめてご紹介しました。

ひとつの漢字で読み方が3つもあると、使い分け方が難しいと思ってしまいますよね。

意味と使い方をしっかりと理解して、誤解のないように正しく使うようにしましょう!

外国人が日本語を勉強するときに漢字を覚えるのが難しいという理由がよく分かりますよね。

日本人でも意味や使い方を完全に理解していませんからね(笑)

スポンサーリンク

関連記事